JIS Z4831-2000 防护医疗诊断X-射线的装置.pdf

上传人:shuiyunsuo 文档编号:16458813 上传时间:2017-06-17 格式:PDF 页数:8 大小:256KB
返回 下载 相关 举报
JIS Z4831-2000 防护医疗诊断X-射线的装置.pdf_第1页
第1页 / 共8页
JIS Z4831-2000 防护医疗诊断X-射线的装置.pdf_第2页
第2页 / 共8页
JIS Z4831-2000 防护医疗诊断X-射线的装置.pdf_第3页
第3页 / 共8页
JIS Z4831-2000 防护医疗诊断X-射线的装置.pdf_第4页
第4页 / 共8页
JIS Z4831-2000 防护医疗诊断X-射线的装置.pdf_第5页
第5页 / 共8页
亲,该文档总共8页,到这儿已超出免费预览范围,如果喜欢就下载吧!
资源描述
Z4831:2000
まえがき
この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,社団法人日本放射線技術学会(JSRT)/財団
法人日本規格協会(SA)から工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業
標準調査会の審議を経て通商産業大臣,労働大臣及び厚生大臣が制定した日本工業規格である。
これによって,JIS74802:1991,JISZ4803:1991及びJIS74830:1992は廃止統合され,この規格に
置老換えられる
日本工業規格
JIS
Z4831:2000
診断用X線防護用具
Protective devices against diagnostic medical X-radiation
序文この規格は,1998年に発行されたIBC61331-3, Protective devices against diagnostic medical X- radiation
Part3: Protective clothing and protective devices for gonadsを元に作成した日本工業規格であるが,日本人
の体型の差異などのため,一部技術的内容を変更して作成している。
なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。
1,適用绝图この規格は,管電圧150kV以下のX線で診療を行う場合に,個人が体外から受ける迷X
線の量を低減させるために着用する診断用X線防護用具(以下,防護用具という。)について規定する。
なお,この規格は,あくまでも防護用具を標準化するためだけのものであって,この規格があることが
X線診療を行う場合に防護用具を着用することが必要であることを意味するものではない。
備考この規格の対応国際規格を,次に示す。
EC 61331-3: 1998 Protective devices against diagnostic medical -adiation Part 3: Protective
clothing and protective devices for gonads
2.引用規格次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す
る。これらの引用規格は,その最新版を適用する
JISB7514直定規
JISZ4005医用放射線用語
JISZ4501X線防護用品類の鉛当量試験方法
3.定義この規格で用いる主な用語の定義は,JSZ4005によるほか,次による。
a)防護エプロン( Protective Aprons)身体の前面からの迷X線を防護できる形をした防護衣。
b)防護コート( Protective Coats)身体の全方位からの迷X線を防護できる形をした防護衣。
里状せん.(腺)防具( Thyroid Protective Collars)迷ⅹ線か与里状せんを防護できる形をしな防護
d)防護手袋( Protective Gloves)全方位からの迷X線から手を防護できる形をした防護具。
e)生殖せん()防護スカート( Protective Gonad Skirts)下腹部以外のX線検査時に,患者の生廂せん
を防護するために,骨盤部を完全に覆うスカート形をした防護衣。
n生灌せん防護エプロン( Protective Gonad Aprons)下腹部以外のX線検査時に,患者の生殖せんを防護
するために,骨盤部の前ヌは後ろを覆う前掛け形をした防護衣。
4.種類
怀准分享网w.bxxw.com免费下载
Z4831:2000
4.1防武衣
a)防護工プロン
b)防護コート
42甲状せん防護具
43防手线
4.4生殖せん防護衣
a)生殖せん防護スカート
b)生殖せん防導エプロン
5.性能性能は,10.によって試験したとき,鉛当量が表1の値以上でなければならない。
表1鉛当量
単位mmPb
種類
鉛当量
防護エプロン
0.2
0.359.50
防護コー下
0.25
0.35Q.5
甲状せん防護具
0.25
0.35
防護手袋
0.25
0.50
生殖せん防護スカート
0.359.52
生殖せん防護エプロン
0.35
循考防護エプロン,防護コート後面の鉛当量は,0.25mmPb以上と
する。
6.造
6.1防衣
a)8a)及び8bりに規定する材料を一層又は二層以上に重ね合わせたもので,均一な鉛当量をもたなければ
ならない。
b)表面は,薄い布,ゴム又は合成脂のシートで複い,防水性をもち,かつ,容易に破れたり,引裂き
が生じてはならない
縁は,丈夫な縁取り材で覆い,柔軟でなければならない。
d)着脱のための重ね合せ部分の鉛当量は,表1の防護エプロン及び防護コートの値を満足する。
e)ベルトなどの装着具は。文夫なものを使用し,一人で容易に着脱できる。
6.2甲状せん防護具
a)8.a)及び8.b)に規定する材料を一層又は二層以上に重ね合わせたもので,均一な鉛当量をもたなければ
ならな
b)表面は,薄い布,ゴム又は合成樹脂のシートで覆い,防水性をもち,かつ,容易に破れたり,引裂き
が生じないような強度をもつものとする。
e)縁は,丈夫な縁取り材で覆い,柔軟でなければならない。
d)着脱のための重ね合せ部分の鉛当量は,表1の甲状せん防護具の値を満足しなければならない。
63防手:
a)8.a)及び8.b)に規定する材料を用い,均一な鈴当量をさたなければならない。
b)文夫で,ピンホール,異物,皮膚刺激性など,手袋としての機能を損なうような欠点がなく,柔軟性
展开阅读全文
相关资源
猜你喜欢
相关搜索

当前位置:首页 > 国外标准 > 日本工业JIS


版权所有:www.WDFXW.net 

鲁ICP备14035066号-3